ボランティア活動

第2回 播州フェスティバルに協力(サービスラーニングサークル)

2013/11/7 木曜日 6:57 AM

明石ご当地アイドル イエナ☆ 出演コーディネート

開催間近の播州フェスティバル(小野市ひまわりの丘公園にて開催)にイエナ☆が出演してくださることは、ご存じの方も多いと思います。 去る10月30日に事前打ち合わせを明石ケーブルテレビにてディレクターと行いました。偶然、イエナ☆のメンバーはボイストレーニングに集まっていたところをわざわざ、ミーティングルームまで足を運んでくださり、元気なご挨拶をしてくださいました。 また、11月2日(土)の播磨町・大中遺跡まつり会場でも偶然、車両での会場入りの際に遭遇し、メンバー、ディレクター、そしてプロデューサーともお話でき、播州フェスティバル出演に備えてのご配慮をお願いしました。この日はお天気にも恵まれ、メンバーは元気なステージを披露されました。次の日曜日もお天気に恵まれますように、また素敵なステージとなるようにと願っております。

三木の流鏑馬フォトコンテスト・写真展を開催(サービスラーニングサークル)

2013/6/29 土曜日 8:54 AM

平成25年6月9日(日)~6月15日(土) 於:三木市役所エントランスロビー

第一回 三木の流鏑馬フォトコンテスト の作品募集をさせて頂きましたところ、告知時期が遅かったにもかかわらず、予想を上回る40点を超える力作を播州地区内外からお送り頂きました。 素晴らしい作品ですので、地元三木市の皆さんにも観て頂こうと、三木の流鏑馬保存会「風馬鳴弦会」さん、三木市さんのご協力で入選作品を中心に13点だけですが、市役所エントランスに展示させていただくことができました。 期間中多くの方々にご覧頂くとともに、三木市で流鏑馬(馬弓神事)が復活したことを認知していただけたことは大きな喜びでした。 来年の流鏑馬は2月23日(日)に「播州 大宮八幡宮」にて執り行う予定です。次回も多くの皆様にご声援を頂けますようよろしくお願いいたします。 なお、写真展は播州地域のイベントや施設において、来年度の流鏑馬のPRとあわせて数回開催させて頂く予定です。

入賞作品 表彰式

写真展の初日に三木市役所エントランスにおいて、今回のフォトコンテスト入賞作品出品者の表彰式がありました。 金賞・銀賞の方々には表彰状と記念品、特別賞入賞の方々には記念品が風馬鳴弦会 代表の浦上さんから手渡されました。
第一回 三木の流鏑馬フォトコンテスト
主催 : 風馬鳴弦会
共催 : イトーセキュリティーサービス株式会社
後援 : 三木市観光協会 、 播州大宮八幡宮 、
イワイカメラ 、 道の駅みき和風レストラン麺房ながさわ

神戸新聞にも取り上げて頂きました。(6月14日記事)

射的の瞬間や馬の表情… 三木で流鏑馬の写真展
兵庫県三木市本町2の大宮八幡宮で2月にあった「馬弓神事」の様子を収めた写真展が、三木市役所3階プロムナードで開かれている。矢を放つ瞬間や馬の表情を切り取った13点を展示。15日まで。 神事は2007年、馬上での弓術を研究する「風馬鳴弦会」が復活させた。今年初めて、同会が「三木の流鏑馬フォトコンテスト」と銘打って写真を募った。 三木や加西、西脇などから45点が集まり、会員らが入賞作品を選んだ。金賞は三木市の和泉厚さんで、2頭の馬が顔を近づける様子を収めた。同会の浦上久美子代表(50)は「裏方の仕事に注目した作品もあってうれしかった。来年はうま年なので、さらに盛り上げたい」と話した。(中川 恵)

アコーディオン演奏会(サービスラーニングサークル)

2013/6/23 日曜日 1:29 PM

平成25年 4月21日(日)

道の駅みき 特設ステージではミニコンサートとして、昨年12月と今年2月に「のこぎり音楽演奏会」のお手伝いをしてまいりましたが、4月度には「アコーディオン演奏会」のお手伝いをさせて頂くことができました。三木市在住の「はやし ぶんきち」さんと、姫路ご当地アイドルの「Hmj姫っ娘5」 の3人が、道の駅みきにお越しいただいていた多くのお客様を楽しませてくださいました。

アコーディオン  はやし ぶんきち さん

アコーディオンを使った歌声トークショーで、福祉施設の慰問活動等で各地を飛び回っていらっしゃる、三木市在住のはやし ぶんきちさんは地元のFM放送局のDJとしても活躍されています。 今回はお客様と一緒に唄える楽曲を多く盛り込んでいただき、楽しい時間を提供してくださいました。

はやしぶんきちさんとHmj姫っ娘5とのコラボ?

はやしぶんきちさんが、童謡等の来場の多くの皆さんがご存知の楽曲をセレクトしてくださり、ゲストのHmj姫っ娘5の皆さんもステージ横で一緒に元気に唄ってくださり会場を盛り上げてくださいました。

姫路ご当地アイドル Hmj姫っ娘5

今回のステージを大いに盛り上げてくれた現役小学生の3人組です。 城下町姫路を盛り上げ、そして姫路から全国へ元気の波動を送ってくれています。今回は「播州を元気にしたい!」という我々サークルの主旨にご賛同いただき、道の駅みきに足を運んでくださいました。 現在はラジオ関西にもレギュラー出演、また、タワーレコードからもCDデビューもされており益々の活躍が期待されるグループです。(http://himekko5.sakura.ne.jp) 追っかけのファンの方も会場に来てくださっていましたよ。(驚) 今回は「くのいちGIRL」、「手裏剣シュシュ」など、可愛い歌声と元気なダンスで道の駅みきを元気にしてくださいました。

のこぎり音楽クリスマス演奏会のお手伝い(サービスラーニングサークル)

2012/12/29 土曜日 10:00 PM

平成24年12月23日(日)

 「三木が大好き!」をコンセプトに多くの市民の方々と触合い、人と人とのつながりや地域の絆を強めることで、三木市を元気で明るい雰囲気にする事、またそれを全国に発信する事を目的に活動されている、「みきご当地アイドルmicute(みきゅーと)」メンバーの企画で、珍しいミュージカル・ソーのミニ演奏会が「道の駅みき」特設ステージでありました。我々は、音響設備の準備、会場設営のお手伝いをさせて頂きました。

のこぎり音楽同好会「みきノコギリス」から2名の演奏家が出演

 金物の町、三木でのこぎりを使ったミュージカル・ソーの演奏活動をされている「みきノコギリス」さんが、ほんわかした感じののこぎり音楽を披露してくださいました。  特設ステージ前に集まってくださったお客様の多くは、のこぎり音楽を生で見るのは初めてだそうで、このサプライズイベントに感動されていたようです。  ちなみに、「妖怪人間ベム」のオープニングテーマに使われている不思議な音色も、のこぎりなんだそうですよ。

腹話術も飛び出しました

 演奏会の途中に、ミュージカル・ソーの歴史の紹介がありました。それも、腹話術で。 これには、ちびっ子達も大喜びでした。 メンバーの多才ぶりにも驚かされました。  のこぎり音楽同好会「みきノコギリス」さんは、月に1回三木市青山公民館で練習されているそうで、只今メンバー募集中です。興味のある方は、事務局 松本さん(TEL 090-2045-4460)にお問い合わせください。

micute(みきゅーと)プチライブ

 「みきノコギリス」さんの演奏終了後、当日の道の駅みきの一日駅長「りーにゃん」と演奏会の司会進行「のこ」の二人が、集まってくださったお客様にお礼にと、みきゅーとの「キミが好き」を熱唱してくれました。みきゅーとメンバーは9人(http://miki-idol.rdy.jp/)ですから、2人だけでのステージはとてもレアで、みきゅーとの応援に来てくださったお客様も喜んでいらっしゃいました。  多くの方々に喜んで頂ける楽しい空間作りが出来てとても嬉しい活動でした。来年もこんな楽しい活動が続けられるようにしていきたいと思います。

ミニトレイン運転会のお手伝いに行ってきました。(サービスラーニングサークル)

2012/9/18 火曜日 2:27 PM

ミニトレインの見事な完成度

 今回運行されたミニトレイは、神戸電鉄が平成12年に「人と環境に優しく、安全・快適な車両」をコンセプトとして、導入したステンレス製車体の斬新なデザインが特徴の6000系車両です。見事に実物のミニチュアとして作られており、子供さん達には勿論、鉄道マニアの方々も大喜びでした。

子供達にも保護者の方々にも、喜んで頂きました。

 神戸電鉄の職員の方々のお世話により、500名を超える方々にミニトレインに乗車を頂き、楽しんでいただくことが出来ました。我々ラーニングサークルのメンバーは、乗車の案内、乗降時の安全確保、ミニトレインの軌道敷内への立入り禁止などの部分でサポートさせて頂きました。ちびっ子運転手さんの楽しそうな笑顔を見ているととてもなごやかな気持ちになれて、お手伝いさせていただいて本当に良かったと感じました。  ミニトレインは、10月下旬に開催される小野市産業フェスティバルでも運転される予定だそうです。皆さんも是非、足をお運び下さい。

クリスマス会をお手伝い(サービスラーニングサークル)

2012/1/1 日曜日 3:34 AM

平成23年12月21日(水)

 当社サービスラーニングサークルの初めての活動として、「小規模デイサービスカラー富士見が丘」殿のクリスマス会に、美しく優しいトーンチャイムの音色を介護施設や病院、地域のイベントなどへ届けられている音楽サークル「Duemila」様をお招きするお手伝いをして参りました。

今回の活動場所

 閑静な住宅街にあるきれいな施設です。
事業所 小規模デイサービスカラー富士見が丘
住所 〒651-2214 兵庫県神戸市西区富士見が丘1丁目13-9
電話 078-995-9872
FAX 078-995-9873
   
   
   
   

ぬくもりがいっぱいの施設

 Duemilaのメンバーよりも少し早めに到着した我々を、利用者の皆さんやスタッフの方々が暖かく迎えいれてくださいました。小規模デイサービス施設とのお付き合いは今回が初めてですが、家庭的な雰囲気があり普通の家庭の居間に通された感じでとてもリラックスできました。

トーンチャイムとは

  トーンチャイムはハンドベルのような楽器です。  1人だけでは演奏ができませんし、たった1人が欠けてしまってもダメです。  ほかの人がだす音を聞きながら、自分の出番がくるのを待つ。  自分はたった1つの音をだすだけなのに、それが前の音とつながり、次の音を呼びおこす。  そのようにして、1人1人が小さくても大切な役割をきちんと果たしていくとき素晴らしい音楽が完成します。

音楽サークルDuemila

 20年前に幼稚園の音楽サークルとして発足。子供さんの成長とともに活動の枠を広げられ、2000年にグループ名うをイタリア語で「2000」を意味する「Duemila」とされました。平成23年度「ハートフルシティーコンサートおの」ハートフル賞など数々の賞を受賞されるなどその実力は折紙つきです。今回もクリスマスソングだけでなく、利用者さんも一緒に歌える童謡なども演目にくわえてくださり、楽しい時間を提供してくださいました。

活動を終えて

 当初ボランティア活動と聞いていた私は誘導灯を用意して身構えていたのですが活動自体は施設の利用者さんと一緒にトーンチャイムの鑑賞をしていたという感じでした。  たくさんのクリスマスソングの他、童謡「ふるさと」やいきものがかりの「ありがとう」なども演奏してもらいました。トーンチャイムをはじめて知ったのですが、近代的な造りをしている楽器だなぁと思いました。英語や数字、記号などが刻印されていて、音色は鉄琴に似ており、大勢の人がそれぞれ鍵盤を持ち、また各人が複数の鍵盤を持ち替えて鳴らす、チームワークで音楽が完成します。我々警備隊にもチームワークが必要です。また、同じサービス業でありながら、接することがなかったデイサービスのスタッフの活躍ぶりも見学させていただくことができました。今後の我々の業務に「ふれあい」「いたわり」の気持ちが更にプラスされるきっかけとなりました。